世界が大注目 老化防止の救世主【コエンザイムQ10(CoQ10)】

Speciale(スペチャーレ)元気andキレイNAVI

HOME > 教えて注目ワード > 【コエンザイムQ10(CoQ10)】


【コエンザイムQ10(CoQ10)】


世界が大注目 老化防止、若返りだけじゃないコエンザイムQ10(CoQ10)
サプリメント以外でも 食生活のちょっとしたコツでコエンザイムQ10を増やしましょう。


コエンザイムQ10(CoQ10)とは

酵素の働きを助ける補酵素です。ビタミンQやユビキノンとも言われます。

コエンザイムQ10は生きるためのエネルギー産出になくてはならない存在です。
体内で合成されますが 20歳をピークとして加齢とともに減少し、40歳を過ぎると合成機能が低下し 不足すると考えられています。50歳を過ぎてから心臓病にかかりやすいのはコエンザイムQ10が減っていることと関係しています。

逆にコエンザイムQ10を補えば細胞は元気を取り戻し、エネルギー代謝を高めて疲労からの回復力が増したり 心臓の機能や免疫機能も高めることができるのです。


コエンザイムQ10(CoQ10)の主な効果

心臓病の研究でとりあげられてきたコエンザイムQ10ですが 心臓病だけでなく低血圧、自律神経失調症、肩こり、頭痛、めまい、立ちくらみ、冷え性、生理痛、腰痛などの不定愁訴など身近な症状などにも効果があることがわかってきました。

確認されているコエンザイムQ10の効果として
・老化予防・心臓疾患改善・ガン予防、免疫力向上・美肌効果・糖尿病予防・肥満改善・慢性疲労症候群改善・アルツハイマー病に関する効果など。

またカロリーの燃焼効果が高まるので肥満にも効果があります。


コエンザイムQ10(CoQ10)の主な作用

コエンザイムQ10の最も優れた作用は、細胞内のミトコンドリアに対するものだと言われています。

細胞の中にあるミトコンドリアはエネルギー生産工場ともいわれる重要な器官で、栄養がエネルギー(ATP)に変わる時にコエンザイムQ10が必要になります。
このときコエンザイムQ10がないとエネルギーになりません。

体内のコエンザイムQ10が不足すると代謝がスムーズにはいかず、抵抗力や免疫力が落ち、疲れやすくなります。

加齢とともに減ってしまうコエンザイムQ10ですが 補給をすれば老化防止、若返り効果などの効果が期待できるということで 特に中高年の方やスポーツ選手などの注目を集めています。


コエンザイムQ10(CoQ10)を増やす食生活とは

まずは食事から摂ることが大切です。
コエンザイムQ10を最も含む食物は?
イワシが一番で サバ、豚肉、牛肉、ピーナッツなどです。

コエンザイムQ10は油溶性のため、そのままでは吸収されません。油を使って調理しましょう!

A`?
筋肉を使った後で しっかり寝ることが大切。

体内でのコエンザイムQ10生産量は筋肉量と比例します。
ミトコンドリアが筋肉の中に多く存在するので、運動により筋肉を太らせるとミトコンドリアが増えてきます。マッチョになる必要はありませんので、成長ホルモンを上手に使ってコエンザイムQ10を増やしましょう。

筋肉を作るには成長ホルモンが必要です。
また 寝ることで成長ホルモンが出ます
通常 寝てから深い睡眠に入り、30分から3時間くらいは成長ホルモンがでますので 準備として寝る前に5分から15分の簡単な運動をしましょう。
例えば ひじを上げて左右の手のひらを胸の前でギューっと押しあう運動などの 簡単で筋肉に負荷をかける運動をして寝るとよいでしょう。


ストレスは敵。体を非常に老化させる原因になります!

コエンザイムQ10はストレスに弱く、体内でたいへん酸化しやすい物質です。

老化防止のビタミンEはコエンザイムQ10がないときちんと働きません
コエンザイムQ10はビタミンEをきちんと還元してくれますがストレスがかかるとコエンザイムQ10が酸化され、ビタミンEが本来の働きをしなくなるので 細胞の老化につながります。ストレスをうまく発散させるように工夫しましょう。


食べ合わせるならL-カルニチン

コエンザイムQ10は栄養をエネルギーに変えるために細胞内のミトコンドリアというところに存在します。ミトコンドリアまで栄養をスムーズに運ぶ働きをするのがL-カルニチンです。

コエンザイムQ10とL-カルニチンをセットにして摂ると効率がよくなります。これにより肉体的疲労も少なくなる効果があります。
L-カルニチンはラム肉に多く含まれます。


非常に健康効果、美容効果などが期待できるのですが 難を言いますと

コエンザイムQ10の摂取について 健康維持目的では一日にイワシ20尾、牛肉なら約3キロにあたり、疲れや老化現象の自覚のある方はその3倍のイワシなら60尾、牛肉で約9キロが必要となります。
サプリメントなどを利用するのも一つの方法です。



基本は食事からです。そして良い睡眠、適度に筋肉をつけ、ストレスをうまく解消し コエンザイムQ10減らさないような生活を心掛けましょう。



関連ページ
教えて注目ワード

L-カルニチン


関連アイテム

従来の10倍以上の吸収率を実現した最強のコエンザイムQ10

全米トップクラスのコエンザイムQ10を国内で初めて使用したサプリメント

美容を意識する女性のためにコラーゲンやビタミンB2 ・B6などを配合した女性のためのCoQ10ドリンク




- 教えて注目ワード MENU -

教えて注目ワード TopPage

・一覧ページ

ア行

L-カルニチン

カ行

コエンザイムQ10(CoQ10)

サ行

セロトニン

タ行

ナ行

ハ行

マ行

メタロチオネイン

ヤ行

ラ行

ワ行





Copyright © Speciale GENKI and KIREI NAVI All rights Reserved.