手作り石けん&コスメで肌にも心にも嬉しいお手入れを!

Speciale(スペチャーレ)元気andキレイNAVI

HOME > 材料アレコレ > 【植物油/キャリアオイル】




【材料アレコレ 手作り化粧品材料 - 植物油/キャリアオイル】


アプリコットカーネルオイル/
アプリコット核油/
杏仁油

アプリコットの種の中身をしぼったオイル。
マッサージオイルとして、ボディケア基材としてよく使われますが 注目はフェイス用として。
ヒマラヤ山脈のフンザという町では長寿の秘訣として料理や薬として使われてきました。中国や韓国などでも古くから頭や顔に塗ったり 積極的に用いられてきました。
年齢とともに減ってくる肌の脂肪酸も豊富で紫外線対策やクスミ、肌荒れ、乾燥、肌の若返りなど美肌効果の高いオイルです。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
生活の木 アプリコットカーネルオイル 25ml
生活の木 アプリコットカーネルオイル 25ml

アプリコットカーネルオイル(杏仁油)


アボカドオイル

アボカドの果実をしぼった油でA、B群、D、Eの各種ビタミンの他、保湿効果の高いステロール類が多く含まれるため 化粧品やマッサージオイルなどのスキンケア用品の材料としてよく使われます。
乾燥したお肌を、みずみずしくすこやかに整えます。

石けんの材料としても洗い上がりの皮膚を滑らかにする保湿力の高いオイルです。

<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
ファファラ アボカドオイル 50ml
ファファラ  アボカドオイル 50ml


アロエベラオイル

アロエベラを大豆油、ココナッツ油などの植物油に浸して成分を抽出したオイルです。
外傷治癒作用、消炎作用に優れています。肌荒れを防ぐ目的でクリーム、リップクリーム 乳液などに広く使用できます。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
アロエベラオイルエキストラクト(50g入り)
アロエベラオイルエキストラクト(50g入り)


イブニングプリムローズオイル/月見草油

月見草オイルは、ビタミン、ミネラル、γリノレン酸、リノール酸を豊富に含んでいます。他のオイルとブレンドして使うのが一般的です。

γリノレン酸が足りなくなることが、アトピー性皮膚炎の原因の一つであると考えられていて、皮膚のアレルギー症状をやわらげるのに月見草油をぬると効果があると言われています。

トラブル肌用のクリームやマッサージオイルなどに加えられます。

また、酸化しやすいのでビタミンEを含むオイル(小麦胚芽油など)と混ぜて使うといよでいしょう。保存は冷蔵庫で。

少々高価なオイルですが 個人的にはとても効果のあるオイルだと思っています。肌が荒れてきたなーと感じたときは月見草オイルのパックなどをしてケアをするとテキメンの効果があって重宝してます。 


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
天の香りツキミソウオイル 30ml
天の香りツキミソウオイル (月見草油) 30ml

GAIA イブニングプリムローズオイル 20ml
GAIA イブニングプリムローズオイル 20ml


ウォールナッツオイル/くるみ油

くるみの実を圧搾して作ったオイルです。
さっぱりとして軽い使用感でマッサージオイルやクリームの基材として使われます。
湿疹、ヘルペスなどの皮膚病や、ダメージスキン、ドライスキン日焼け後やヘアケアに適したオイルです。
石けん作りには酸化しやすいことと固まりにくいのが難です。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
アングリア ピュア ウォールナッツオイル
アングリア ピュア ウォールナッツオイル


()



エミューオイル

エミューというダチョウに似た大きな鳥からとれるオイルです。
肌を柔軟にし髪の毛や爪の発育を活発にさせ、抗炎症作用や紫外線防止効果もあります。
エミューオイルはティートゥリー、ユーカリと並んで、オーストラリア原産の三大オイルの一つといわれ、オレイン酸やリノレン・リノール酸、ビタミンEなどが豊富に含まれています。
浸透性が高くお肌にスーッとなじみ、うるおいを与え、スムーズなマッサージをサポートします。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
エミュースピリット プレミアムケアオイル 50ml
エミュースピリット プレミアムケアオイル 50ml


オリーブオイル

手作り石けんにおいて まずは基本となるオイルです。
洗い上がりの肌がすべすべしっとりと滑らかになります。
気泡力がないことと泡立ちがよくないことが難点ですが皮脂を取りすぎることなく 洗浄力を発揮します。
オリーブオイル石けん、マルセイユ石けんなど基本の石けんづくりで使用するオイルです。
もちろん食用としての方が有名ですが 石けん作りではエキストラバージンオイルよりもピュアオリーブオイル、ポマスオリーブオイルのほうがオススメです。特に高価なエキストラバージンオイルを選ぶ必要もありません。

もし手作り化粧品の材料として用意する場合はエキストラバージンオイルをお使いください。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!
生活の木 ピュアオリーブオイル 280g
生活の木 ピュアオリーブオイル 280g
TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) 精製オリーブオイル スーパーリファイン20ml
スキンケア用のオリーブオイル
スーパーリファイン20ml


()



カレンデュラオイル(浸出油)

カナダ原産のキク科植物・カレンデュラの花を、スイートアーモンドオイルなどに数週間漬け込んで成分をたっぷり浸出させた、スキンケア用の植物オイルです。
ビタミンAとフラボノイドを多く含み、すり傷、切り傷、火傷などで傷めた細胞組織を治し、肌に潤いを与えます。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
生活の木 カレンデュラオイル(浸出油) 25ml
生活の木 カレンデュラオイル(浸出油) 25ml


()



キャスターオイル/カスターオイル/ひまし油

唐胡麻またはヒマという植物の種子をしぼった油で医療用、化粧用として使われます。
保湿力が高いマイルドな石けんを作ることができます。シャンプー用としての石けんにも適しています。
あまり多く配合すると溶けくずれの心配がありますし、少ーし匂いも気になります。
10%くらいがちょうど良い配合のようです。


<主に薬局、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
生活の木 カスターオイル 25ml
生活の木 カスターオイル 25ml


ひまし油500ml(458g)


ククイナッツオイル

ハワイ原産のククイナッツという木の実からとれるオイルです。
角質層のバリア機能を守る働きをすると言われています。
ハワイでは昔から切り傷、火傷、日焼けで痛んだ肌のお手入れに利用されてきました。
直接塗ったとき とても軽い使用感で浸透性が高いのでマッサージオイルとして非常に適しています。
高価で持ちも良くないオイルですが化粧用オイルとしても石けんづくりにしても非常に優れた効果を実感できるオイルです。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
生活の木 ククイナッツオイル 25ml
生活の木 ククイナッツオイル 25ml


グレープシードオイル

ぶどうの種子を圧搾、精製して作ったオイル。
皮膚になじみやすく マッサージオイルやクリーム、乳液などの基材としてよく使われます。
プロテイン、ビタミンやミネラルが豊富で、皮膚の細胞を保護し、肌の老化を予防する働きもあります。
石けんづくりには固まりにくい、いたみが早いなど少々扱いにくいのが難です。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
GAIA グレープシードオイル 50ml
GAIA グレープシードオイル 50ml


ココナッツオイル(ヤシ油)

泡立ちをよい石けんを作りたいときには欠かせないのがこの油です。
キッチン用の洗剤で「ヤシ油からつくりました〜」という文字を見たことがある方もいると思います。
泡立ちに加えて硬さを出し、冷水でも洗浄力を発揮してくれます。
石けん作りには大変良いと思われるココナッツ油ですが 難点と言えば配合が多いと肌の乾燥、肌荒れを起こしてしまうことです。

自然派〜〜といった市販の洗剤や石けんで手荒れを経験した方はココナッツ油の量が多いものを使ったからかもしれません。
私も「家事用ココナッツ石けんのレシピ」を書きましたが100%ココナッツ油なので (試しに)素手で使うとすぐに手が乾燥してしまいます。
(コチラのレシピは手袋をつけるか、洗濯用です。)

ココナッツ油を使った石けんは泡立ち、洗浄力、硬さ、溶けくずれのなさに優れていますので上手に配合して使いましょう。
多くの石けん作りに使用しますので多めに購入しても大丈夫だと思います。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>

手作り石けん材料 ココナッツ油


小麦胚芽油/ウィートジャームオイル

小麦の胚芽からとれるオイル。
抗酸化作用のあるビタミンEを豊富に含むのが特徴で血流の流れを活発にして肌の老化防止に役立ちます。
また酸化しやすい植物油と混ぜれば防腐剤としても働きます。
石けん作りよりは手作り化粧品やマッサージオイルとしての使い方がおすすめ。
オイルの匂いが強いので、他のオイルと混ぜて使うとよいでしょう。
小麦アレルギーの方はご注意を。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
マギーティスランド 小麦胚芽オイル
マギーティスランド 小麦胚芽オイル
ファファラ ウィードジャムオイル 50ml
ファファラ ウィードジャムオイル 50ml


こめ油/米ぬか油/こめ胚芽油

抗酸化効果のあるビタミンEが多く、石けんにしたとき 泡立ちも良く、さっぱりしていながら保湿力も出て良い石けんとなります。
精製の仕方で違いの出る不けん化物(主に植物ステロール、γ-オリザノール)が多いものを探してみましょう。
米ぬかアレルギーの方はご注意を。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>

米油400g


こめ胚芽油750g


()



サンフラワーオイル/ひまわり油

ひまわりの種子から圧搾法や溶剤抽出によって得られるオイルです。
保湿効果が高く、ビタミンが豊富に含まれ、新陳代謝を促します。
石けんを作る時は少々注意が必要です。
従来種と新種であるハイオレックスひまわり油とでは特徴が異なります。
従来種は固まりにくく、酸化しやすいので単品での石けん作りには不向きです。
ハイオレックスひまわり油はオリーブオイルと似ていて控えめな泡立ちですが保湿力があり 酸化安定性もあります。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>


スクワランオイル

深海鮫の肝臓から抽出された動物性と、オリーブから抽出された植物性があります。
さらっとした使用感で酸化しにくく油焼けの心配も少ない優れたオイルです。
シミ・ソバカス防止、免疫強化、殺菌、抗酸化作用があります。
敏感肌の方は植物性スクワランがおすすめ。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
A&LプランツEXオイル 100ml
ヤシ油・パーム油をベースに植物性スクワランとビタミンCを配合した、さっぱり感のあるキャリアオイル
A&LプランツEXオイル 100ml

植物性スクワラン(50g入り)
植物性スクワラン(50g入り)

スクワランオイル(90g入り)
スクワランオイル(90g入り)


スイートアーモンドオイル

食品コーナーでもよく見かけるアーモンドの実をしぼった油です。
ビタミン、タンパク質、ミネラルが豊富で皮脂分泌が衰えている肌、日に焼けて炎症を起こした肌、敏感肌に適しています。
胃腸病の治療薬にも使われてきました。 マッサージオイル、バスオイルなどの化粧オイルとしてはもちろん 石けんづくりにぜひオススメのオイルです。
シャンプー用の石けんを作る時もとても良い仕上がりの石けんを作ることができます。
石けんだけでなく リップクリームやハンドクリームなどの手作りにも良い材料となります。 もちろん食用としてドレッシングなどに使うこともできます。
持っていて損のない素晴らしいオイルだと思います。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
アングリア ピュア アーモンドオイル
アングリア ピュア アーモンドオイル


セサミオイル/ゴマ油

ごまを炒ってから搾油した琥珀色の炒りごま油、生のまま搾油した透明のセサミオイル/太白ごま油があります。
食用では琥珀色のものが多く使われると思いますが化粧用、マッサージオイルなどでは無味無臭、透明のセサミオイルの方を使うことが多い。
代謝機能を促す作用や抗酸化物質の効果など古くからボディケア用のオイルとして利用されてきました。
抗酸化物質は琥珀色の炒りごま油の方がやや多く含まれるため石けんづくりには炒りごま油で作ることも多くあります。
紫外線防止の油性基材として優れた効果があることや、さっぱりとした洗い上がりの石けんとなるため 夏向き、脂性肌、ニキビ肌用の石けん作りに最適です。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
GAIA セサミオイル 50ml
GAIA セサミオイル 50ml


セントジョンズワートオイル(浸出油)/
ハイペリカムオイル/オトギリソウオイル

セントジョンズワートの花とつぼみをオリーブオイルやスイートアーモンドオイルなどの植物油に浸して得られるオイルです。
肌への鎮静、殺菌作用に優れ、痛みやかゆみを抑えるマッサージオイルやクリーム、また炎症を抑えるオイルに向いています。
肌につけたあと すぐに日光に当たらないよう注意。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
生活の木 セントジョーンズワートオイル(浸出油) 25ml
生活の木 セントジョーンズワートオイル(浸出油) 25ml


椿油/カメリアオイル

日本ではあまりにも有名な椿油です。ヘアケアで使用する使い方が知られていますが食用、灯用、化粧用、薬用と様々な使われ方がされています。
石けんの材料としても大変素晴らしい。
オリーブオイルと同じような性質があります。泡立ちは多くありませんが酸化しにくい 使用感の良い石けんとなります。シャンプー用の石けんとして使ってもいいですね。
直接美容オイルとして顔に塗っても満足で 私もしばらくフェイス用として使っていました。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
リマナチュラル 椿油
リマナチュラル 椿油


パーム油(ホワイトパームオイル)

アブラヤシの実の果肉からとれる油で しぼった直後は真っ赤な色をしています。これを脱色したものがホワイトパーム油です。
このオイルは肌への効用というよりは 石けんを作ったときにココナッツ油によって作られた泡を持続させる役割、また石けんを固めて溶けくずれしにくい性質を作るときに必要となります。
マルセイユ石けんを作るときの材料となります。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>

手作り石けん材料 ホワイトパーム油


パーム油(レッドパームオイル/カロチーノプレミアム)

パーム油の精製する前のものがレッドパームオイルです。
天然のカロチンやビタミンEが豊富に含まれ 傷や荒れ肌の修復を助け、肌によい石けんを作ることができます。
ホワイトパームオイルとは性質も目的も変えて使用します。
スーパーでも手軽に買うことが出来ると思います。
私はある健康情報系のテレビで知ってから 炒め物や炒飯、パスタなどにもこのレッドパームオイルを使った時期がありました。コエンザイムQ10も含まれているそうです。
石けん作りで余ってしまっても料理で使えますよ。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
カロチーノプレミアム(パームフルーツオイル)
カロチーノプレミアム(パームフルーツオイル)


パーム核油

パーム油とは違い、こちらはアブラヤシの果肉の中にある核の中身をしぼったものです。
ココナッツ油と性質は似ていますので泡立ちの良い、硬さのある石けんを作ることができます。
少々特有の匂いがあるため 手作り石けんでは積極的には使われないようですがココナッツ油より 幾分肌にはマイルドなようです。


<主にインターネットショップで買えます!>


ピーチカーネルオイル

桃の種子からとれるオイルです、
オレイン酸を多く含み、サラッとした使用感です。
細胞を活性化させる効果があり、美容液に適しています。



ビタミンEオイル

老化防止と抗酸化剤として使われ、粘性の強いオイルです。
目元の小じわ予防などに効き目があります。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
ビタミンE (5g入り)
ビタミンE (5g入り)


ビッポファエオイルオイル/サジーオイル

ヒッポファエとは中国・モンゴルに生息するグミ科の果物で、リノール酸、リノレン酸、ビタミンC、ビタミンE、カロテン(カロチン)などが豊富に含まれています。
直接塗って日々のスキンケアに。
少し匂いがありますが さほど気になりません。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
ヒッポファエオイル100(サジーオイル) 30ml
ヒッポファエオイル100(サジーオイル) 30ml


ブラックカラントオイル/クロフサスグリ油

老化防止、かさつき、かゆみ、アトピーに効果のあるガンマリノレン酸を豊富に含んだオイルです。



ヘーゼルナッツオイル

ヘーゼルナッツは、鉄分、マグネシウム、カルシウム、ビタミンD・Eなどを含みます。癖がなくほんのり香ばしい香りのオイルです。
フェイス・ボディ用の高級なマッサージオイルとして 目元用ナイトクリームやサンケア用品として良く使われます。
石けん作りにも高価なオイルではありますが 素晴らしい使用感の石けんを作ることができます。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
ヴィ・アローム ベースオイル・ナッツオイル 50ml
ヴィ・アローム ベースオイル・ナッツオイル 50ml
アングリア ヘーゼルナッツオイル
アングリア ヘーゼルナッツオイル


ホホバオイル

化粧品にもよく含まれているホホバオイル、肌になじみが良くべたつき感もないのでクリームの基材、整髪オイル、頭皮のトリートメント材としてもよく使われ 美容オイルとして愛用されています。
非常に酸化しにくく ほとんど匂いもないのでとても使いやすく 手作り化粧品の材料としてもよく使われるオイルです。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
ピュア ホホバ100
ピュア ホホバ100

無印良品 ホホバオイル


ボリジオイル/ルリチシャ油

ヨーロッパ原産の蜜源植物ルリチシャ(瑠璃苣)から抽出されたオイル。
月見草オイルの2倍以上のガンマリノレン酸を含むといわれるベースオイル。フェイシャルトリートメントに最適です。
老化を抑える効果が極めて高く、ホルモン分泌を整えるため、生理痛や神経系にも効果が。エイジング肌におすすめ。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
メドウズ ベースオイル ボリジオイル
メドウズ ベースオイル ボリジオイル


マカデミアナッツオイル

マカデミアの実をしぼったオイルです。
人の皮脂中に多量に存在するパルミトレン酸を含みしっとりとした感触です。
皮膚の細胞の再生に大きな役割をはたすパルミトレン酸は年齢を重ねるとどんどん少なくなってしまうため、老化と深く関係しているようです。
しわ防止用クリームや乳液、美容液やサンケア用品にも配合されるオイルです。ボディケアにもよく使われます。
やや高価なオイルですが石けん作りにもマイルドで使用感の良い、洗顔にも痛んだ髪用にも優れた石けんになります。


<主にスーパー、インターネットショップ、アロマショップで買えます!>
GAIA マカデミアナッツオイル 50ml
GAIA マカデミアナッツオイル 50ml


マンゴカーネルオイル

マンゴーの種子からとれるオイルです。
浸透性のある分留されたオイルです。
特に化粧品や医薬品用に作られているます。



ラード

牛脂や豚脂などおなじみのラードです。
石けんの材料として家庭だけではなく工業製品としても使われていました。
私も手作り石けん作りを始めた頃、ラードを使用しました。
硬さを出し、溶けくずれもなく とても早く仕上がるので扱いやすいオイルだと思ったのですが しばらくその石けんを使っていると肌に小さな湿疹のようなものができたので ラードは体質に合わないと思い 別のオイルを使うようにしています。
前田京子さんの書籍でも「皮膚トラブルの原因になりうると考える人々が増えてきています。」と書かれてありました。
私の場合、特にスキンンケアのための石けん作りには向かないような気がしています。
(ただ個人差がありますので・・・)



ローズヒップオイル

バラ科の植物の実からとれるオイルです。
皮膚細胞の再生や細胞膜を増強する効果に優れています。
また 水分保持作用もり、小じわや皮膚の老化を予防します。
石けん作りに利用するには少々高価ですし、いたみやすいオイルです。
老化肌用のクリームやマッサージオイルなどにオススメです。


<主にインターネットショップ、アロマショップで買えます!>
GAIA オーガニック ナチュラル ローズヒップオイル 20ml
GAIA オーガニック ナチュラル
ローズヒップオイル 20ml




Copyright © Speciale GENKI and KIREI NAVI All rights Reserved.